世の中から性病を無くすためにできること

性病にかかって股間がかゆそうな人

性病の中で最も感染率が高いのは、クラミジアです。
感染率は年々上昇しており、日本では15%と世界でも感染者が多いです。
クラミジアは1回の性交渉でもおよそ50%の確率で感染します。
性器が触れるだけでなくオーラルセックスでも感染するので、現代人の多様化した性交渉で感染しやすい病気です。

自覚症状が乏しく女性の80%、男性の50%は何の症状もないまま過ごします。
自覚症状がないので、気づかないうちにパートナーに感染させているケースが多いです。
完治させれば再発の心配はありませんが、自己判断で治療を途中で止めると感染を拡大させる恐れがあります。
初めてクラミジアに感染しても、どの性病にかかっているか判断することは難しいです。
よって性器に痒みなど不快な症状が現れた時は、女性は婦人科で男性は泌尿器科を受診します。

ジスロマック

クラミジアの治療ではジスロマックという抗菌薬を使うことが一般的です。
ジスロマックは1回服用するだけで7日間は効果が続くので、薬の飲み忘れを防ぐことができます。
また胎児への影響がなく妊娠中の女性も服用できます。

通常は病院で検査して治療が始まりますが、浮気をしていたり風俗で感染したりすると、家族やパートナーに知られたくない場合があります。
最近はキットを使って自宅で検査し、郵送で結果が分かる方法もあります。

クラミジアは放置すると重大な病気に発展します。
女性は卵管炎を引き起こすことで子宮外妊娠や不妊症となり、男性は前立腺炎や血精液症になる可能性があります。
日本では特に10代~20代に感染者が多いので、該当する年代の人は一度検査したり、若い世代の人と性交渉を行った場合はうつされていないかを確認しておくのが良いです。

最新記事New Posts