世の中から性病を無くすためにできること

クラビットの値段と性病の治療費

クラビットはクラミジアの治療のために処方される薬です。
主成分はレボフロキサシンで、通常は医療機関で購入するので保険適用の値段で手に入れることができます。
個人輸入を利用する場合は1錠あたり500円前後の値段で販売されているので、医療機関を受診するのとあまり費用がかわらなくなります。
しかし、個人輸入ではクラビットジェネリックのレボクインも販売されており、この場合1錠あたり160円ほどの値段になります。
クラビットは抗生物質であるため、クラミジアだけでなく梅毒や扁桃炎などにも効果が期待できます。
いくつかの症状に対応できますので常備しておいても損はないと思います。
費用を抑えるならクラビットジェネリックはおすすめと言えるでしょう。

クラミジアは検査をして細菌の有無を確認してから抗生物質による治療が行なわれます。
しかし、処方されたクラビットなどの抗生物質を服用した後にもう一度検査を行って抗体の有無を確認してから治療が完了するので、2回以上の通院が必要となります。
また検査費用もかかるので、最低でも1万円以上の医療費がかかるので、性病がクラミジアであると断定できる場合は個人輸入で手に入れることで医療費を安くすることができます。

しかしクラビットは梅毒や淋病などには効果がないので、これらの性病の場合は治療が遅れて重症化するリスクもあります。
梅毒は10年以上かけて徐々に重症化するのですが、早期治療をすることで、腹痛などの症状が出る前に完治することができます。
また梅毒や淋病は感染力が非常に強いので、早く治療をしないと家族に感染したり、パートナーに感染することがあるので、注意が必要です。

クラミジアの症状は軽い場合が多いのですが、梅毒は性病の中でもリスクの高い感染症なので自分で判断をせずに医療機関で適切な治療を受ける必要があります。
日本は衛生環境が整っているので、梅毒などの感染が限定されていますが、最近では抗生物質の効かない耐性菌が多くなっているので、重症化するリスクも高まっています。
耐性菌は抗生物質によって細菌が駆逐されることで生み出されるもので、風邪などの軽い症状に抗生物質を処方する日本では耐性菌が生まれやすい土壌があります。

最新記事New Posts